resource "aws_api_gateway_domain_name" "${example}" {
         domain_name = "api.${example}.com"
      
         certificate_name        = "${example}-api"
         certificate_body        = "${file("\${path.module}/${example}.com/${example}.crt")}"
         certificate_chain       = "${file("\${path.module}/${example}.com/ca.crt")}"
         certificate_private_key = "${file("\${path.module}/${example}.com/${example}.key")}"
      }

      Terraform language logoaws_api_gateway_domain_name

      Terraform snippets

      The code sets up an API gateway domain name of "api.${example}.com". The domain name must be前製設定時に登録したドメイン名。また、サーバー上であるAWS環境で管理する鍵ファイルを公開する設定も行う。 そして、API Gatewayで依存する認可局に認可されたAPI Gatewayのキーの証明書を作成する。証明書は、API Gatewayがキーを設定したAWS環境で認可されたAPI Gatewayのサーバー上に収納する。 さらに、API Gatewayの管理画面に証明書を表示するために、キーの証明

      Shortcut: tf_aws_api_gateway_domain_name

      0 Comments

        Add Comment

        Log in to add a comment

        Codiga - All rights reserved 2022.